交通事故に遭ってしまった場合、おそらく自分は不幸な人間だと思うことでしょう。
しかし実のところは、日本各所で毎日のように交通事故は起こっており、その一つがあなただけということ、命を落としかねない大事故から、自動車同士、物にぶつける程度の破損事故等、様々なケースがありますが、命があるのであれば、これを幸運だと思うべきなのではないでしょうか。
しかし、たとえ命が助かったとしても、大切な愛車が大破してしまったり、大怪我をしてしまった場合は、この状況を受け入れがたい気持ちも分かります。
そんな状況下で、加害者側との事故についての話し合いを進めなくてはならないのですから、これはかなりハードなことと言えるでしょう。
特にしっかりと話し込みたい慰謝料については、怪我を負った体で、事故による精神的不安定さの中で、これを自身で対応するのは、かなり難しい事です。
このケースは必ず誰かに頼る事、この場合であれば法律に詳しい、交渉能力のある弁護士や行政書士が妥当でしょう。
被害者の思い、希望を相手側にただ伝えるだけでなく、交渉によってこの妥当性を認めさせる働きは、心強い存在となってくれるはずです。
とりあえず慰謝料をもらえるならそれでいい、そんな妥協は決してせず、後々になって後悔しない条件を、当然の権利として勝ち取りましょう。
http://www.jiko-soudan.com/