合同会社は、2006年5月1日に新たに施行された会社法により設けられた会社法人です。
従来の株式会社と比較すると知名度はまだまだ低いですが、新しい法律に基づく会社組織なので、時代の要請にあった形になっています。
合同会社は、従来の株式会社と同じく、法律上の法人格を持っています。
法人格があることにより、個人事業主と比較すると対外的な信用度が高いです。
個人事業を、合同会社を設立して会社組織を法人化するには、いくつものメリットがあります。
まず、会社法人としての社会的信用が得られます。
正社員、契約社員、パートやアルバイトといった、スタッフの募集がやりやすくなります。
銀行からの融資の審査に通りやすくなり、資金調達が容易になります。
法人税の対象となり、役員報酬を損金扱いにできるので、節税効果が大きくなります。