妊娠後期に入ると赤ちゃんの成長のスピードがぐんと加速し、お母さんのお腹もどんどん大きくなります。
この時期に、妊娠線と呼ばれる線がお腹や乳房などに現れることがあります。
この線ができるのは、お腹が大きくなるにつれて皮膚は伸びることができても、皮膚の下の表皮や真皮は伸びていけずに断裂してしまうからです。
お腹が大きくなっても妊娠線が出ない人もいて個人差が大きいのですが、体重が急に増加しないように気をつけることは予防のための大切なポイントです。
そうは言っても、妊娠後期に入ってつわりが落ち着いたら急に食欲が旺盛になる人もいますし、何か食べていないと気分が悪くなってしまうという妊婦さんもいますからなかなか難しいものです。
そこで活用したいのが、妊娠線の予防クリームです。
この予防クリームは一般的に保湿性が高く、大きくなる時に乾燥しがちなお腹の皮膚を優しく潤してくれます。
こうしたクリームの使い方ですが、いよいよお腹が大きくなる後期から使い始めるよりも、妊娠の初期から少しずつお手入れを積み重ねていくのがよいようです。
初期のつわりの頃ですと、においに敏感でいつものお化粧品も使えないという人がいらっしゃいますが、つわりがひどい方でも安心して使えるクリームもあります。
予防クリーム比較ランキングサイトの綺麗ママ美肌術には、妊婦さん必見のお役立ち情報が満載です。