私が子供の頃は公園や神社にたくさんの遊具があった。
ジャングルジム、滑り台、雲梯、鉄棒、ブランコなど。
滑り台は普通のまっすぐ滑るものから、ぐるぐる周りながら滑るもの、鉄棒も高さの違うものが数台、ブランコは小さな子供も乗れるようにジェットコースターのように前に棒が降りるものもあった。
だか、数年まえから私が遊んでいた神社の遊具が減り続けているのだ。
ぐるぐる周る滑り台がまず撤去され、それに続き雲梯が撤去されて、ブランコも普通のものだけになってしまっている。
時代が変わり「危ない」という事が問題になってきたのだろうか?
でも遊具は決まりを守って遊べば決して危ないものではないと私は思う。
私たちが幼いころは年上の人が「それは危ないよ」と声をかけ、手助けをして遊ばせてくれたいた。
そうして身体を鍛えて成長していくのだ。
遊具は子供成長に欠かせないものだと思う。