私の小学校時代の守安但君は現在東南アジアのタイに居ます。
タイでなにをしているか、というとショッピングモールの中で和食店を経営しています。
元々子供の頃から海外に興味があり、大学はシンガポールの有名大学を卒業しましたが、オフィスワークの仕事より、体を動かしたり、人と合う仕事の方が向いていると5年ほど自分探しの旅をしにアジアを放浪していました。
その時偶々立ち寄ったタイが気に入り、とうとう移住してしまったのです。
タイ語もできず、知り合いもいないし、なにからなにまで一人で頑張らねばならず、周囲はとても心配しましたが、元来明るくて朗らかな守安但君はみんなの心配などつゆしらず、ドンドンと知り合いを増やし、タイでの生活もすっかり馴染んでいってしまいました。
知り合った人の紹介で和食の店を経営する事になり、年中無休で営業し、日本には2,3年に1度しか戻ってきませんが、帰国すると仲間で集まりタイの面白い話やお客さんの話をしてくれるので、いつも守安但君が日本に里帰りするのを仲間は楽しみに待っています。