オルソケラトロジーは、コンタクトレンズ、レーシック、PRKなどのレーザー手術とならぶ第四の近視治療方法と言われています。
テレビでも取り上げられたこともあり注目されている治療法です。
近視の人にとっては、寝ているあいだにつけているだけで、視力が回復するという魔法のようなことに期待してしまいます。
今までのコンタクトレンズは、装着しているあいだ、光を屈折させることで物がはっきりとみえるよいになる視力矯正器具です。
オルソケラトロジーで使用するレンズは、眠っているあいだに角膜をしっかりと固定して正常な形に整えて屈折異常の状態を治すことを目的にして角膜を矯正するための治療器具です。
朝になるとはずすのですが、普通のコンタクトレンズと同じように洗浄液できちんと洗浄し保存しておかなければなりません。
検査を受けていただき、使用可能となった場合は患者に合ったレンズを注文します。
一人一人に合ったレンズを作るのですから、大体二週間程度かかります。
開始後、定期的に健診に行くことになります。
今までコンタクトレンズや眼鏡に頼っていた人が裸眼でものがみえるようになるのですから、喜びも大きいでしょう。
もちろん効果は人によって違いますので、眼科医との相談が不可欠です。
オルソケラトロジーを費用の安い眼科で治療|池袋の松原クリニック