実は、私はかつて結婚してその後離婚をしていました。
今、思い起こせば初めての結婚の時の挙式に関して、当初世間一般の
形にとらわれないものを行おうと思ったのですが、やはり私と結婚相手の
両親からそれでは駄目だという事を言われました。
特に、披露宴会場で撮影する写真をどうしようか、新婚旅行は何処に行こう
かとか、実のところ周囲の意見に翻弄されてしまったという現実でした。
あの当時は、今よりの少しは景気が安定していたので、一通り一般的な
メニューをこなさないと結婚式をしたという気にならない風潮もありましたし、
何よりも世間体をこだわるところもありました。
離婚率が上昇し、私もその離婚経験者に加わってしまったのですが、時間を
経て縁があって再婚した相手も離婚経験者でした。
お互いの道すがらが似て
いますからあえて初めて結婚した時の流れをなぞるだけはやめ様という事
では一致してました。
結局、宗教的儀式や披露宴をする事はなく、ただ単に役所に婚姻届を提出
するだけでした。
ハネムーンもありません。
本音を言うと経済的事情も理由の背景にあるのですが、でも何らかの結婚した
証しを残したいという事は話し合ってました。
今までの価値観を拭い捨て、二人だけでハワイに行き、現地で専門のカメラマン
に撮影してもらってフォトウェディングをするというのもあってもよいのではないか
と思いますね。
ハワイ | ロケーション撮影、フォトウェディング、結婚写真のレクエルド